無限列車編7話の感想

とうとう終わってしまいました。見るの辛い辛いという事で私は劇場、DVD、地上波の三回しか見てない部分でしたので追加があったかどうかわかりませんでした。なんとなく今までの放送でCM前後とか毎回弄ってある感じはありましたけど…

猗窩座は煉獄さんと戦っていてとても楽しそうだったなぁ。猗窩座は楽しそうという感想しかございません…あと後ろの鬼の模様が間違えがちというか真ん中の線が首につながってたり逆に短すぎたりとちらっと映った時にすごく気になります…これは6話からの話ですが…

はぁ…煉獄さんが死ぬのを見るのは辛いです。もう見ないです…。

至高の戦いとか言われても…死んじゃったらやはり終わりだと思います…。

猗窩座と煉獄さんの戦いは一回戦までで十分です。猗窩座が後ろ蹴りして煉獄さん吹っ飛ばすところが好きです。そん時の顔がすごく好き。そこまでです。

でも猗窩座の事は全く憎くないですよ…それとこれは別ですね…。別に童磨さんのことも憎くないし、むしろキメツ一の美形は童磨さんだと思ってるくらいです。鬼さん達の事全然憎くないですね…。

以前プリキュアでカプやってた時に、敵と仲良くしてるなんて!みたいなコメント貰ったことありましたけど私の中ではそれが普通なので、そういう風に見る人もいるのだなぁとは思います。私は私の好きなキャラ同士が仲良くしてたら楽しいです。全く接点が無くても妄想余裕です。まこもちゃんと童磨さんで何か描いてと言われたら描けますよ。特に描きたいとは思いませんが。

今日はいい肉の日だったのでみんながそれぞれ楽しくお肉食べてる妄想してどれ描こうかなぁとか考えてましたけど帰ってから録画してたアニメ見たらもう描く気が起きなかったので何もありません。

クリスマスが好きなので12月になったらクリスマスネタたくさん描きたいなぁと思います。

来週からは遊郭編が始まるんですね。

早いです。

猗窩座が無惨様に怒られるシーン、千寿郎君と煉獄家のシーンもあるし、アオイちゃんも出てくるし、何より最後に童磨さんが出てくるのが楽しみすぎです。声優さんのことはさっぱりわかりませんが、どんな声かな~うごいてる童磨さんが楽しみです。

まぁ、しかし、アニメのいのすけは女の子好きな善逸が女の子と見間違うレベルの美形には思えないので、その辺はあきらめています…吾峠先生の美形キャラのお顔のパーツ、ひとつひとつからにじみ溢れ出る品までは再現できていないというのが、どこが違うのだろうと私が考えていて出した答えであります。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。